歯並びを整えるための歯科矯正は歪んだ歯に直に器具を装着しますので、今まで通りの歯磨きでは、装着した矯正器具の隙間に食べものの欠片が溜まってしまいがちです。

歯並びを整えるための歯科矯正は歪んだ歯に直に器具を装着しますので、今まで通りの歯磨きでは、装着した矯正器具の隙間に食べものの欠片が溜まってしまいがちです。
これらの磨き残しによって口臭が酷くなったり、虫歯になる可能性がありますので、食事の後は忘れずに歯を磨いてください。
磨き方のポイントですが、ゆっくりと細かいところまでブラシで綺麗にしていきましょう。
ですが、強くゴシゴシと磨いてしまうと毛先が曲がってしまって逆効果です。
個人個人で違いは出るものの、歯並びの矯正を行う際にはいくばくかの苦痛と無縁ではいられないと言われます。
しかし、歯科矯正のテクニックも進化を遂げているので、近頃では、痛みと無縁の矯正を受けられる矯正歯科がいくつもあります。
痛みが伴うという点をネックと感じていた方も、これからは安心して矯正を受けられると言えるでしょう。
煙草が手放せず、黄ばみの取れない歯でお悩みの人には、一度、ホワイトニングの施術を受けてみることをお勧めします。
短期間で真っ白な歯を実現するには、まさに最良の手段です。
喫煙の他、薬の服用などによっても歯の色が変色することがありますが、ホワイトニングなら、表面を削らずに歯を白くできます。
歯並びを直すために歯列矯正を行ったとしても、黄色い歯では、結局、全体の印象としては良くなりません。
白くなった歯がまたすぐ汚れてしまった、という話をホワイトニングについてはよく聞きます。
確かに、ホワイトニングのやり方によっては、ホームホワイトニングで一年程度、オフィスホワイトニングなら半年程度しか白さは続きません。
最も高い効果を求めるなら、審美歯科でホワイトニングを受けるのが一番ですが、何も考えず漫然と治療を受けるのではなく、いつまで白い歯でいられるのかなどを確認して、施術を開始してもらうべきでしょう。
歯並びが気になるので歯科矯正も並行して受けたいという人は、双方に習熟しているクリニックを選択しましょう。
以前、歯科矯正で体調を崩したので、しょうがないので矯正を中断しています。
歯並びが悪く、口元がコンプレックスだったのでショックな出来事でした。
歯医者さんに、他の矯正方法があれば教えてほしいと聞いてみたのですが、これといった方法は見つからなかったそうです。
矯正にも、向いている歯並びとそうでない歯並びがあるなんて、殆どの人が思いもよらない事実ではないでしょうか。
近年、流行りのホワイトニング。
簡単な施術で、すぐに歯が白くなるというのが多くの方にとって魅力的なようです。
とはいえ、人によっては、なかなか白くならないという場合もあります。
どこまで白くするかの調整が困難だというのも、やや不便と言えるかもしれません。
「芸能人は歯が命」ではないですが、歯は美容の大事なポイントなので、ホワイトニングなどの施術を専門とする審美歯科などにかかり、要望をしっかり伝え、施術の内容や方針を話し合っていきましょう。
また、ホワイトニングと併せて歯科矯正を行うこともお勧めです。
綺麗な歯並びはそれだけで見栄えが良く顔立ちもずっと違うものになります。
ですので、小さい頃から矯正で歯並びを整えておくことを推奨します。
歯が抜ける前の乳歯の時に歯列を矯正しましょう。
そうすれば、おとなの歯になった段階で歯列がきれいで整った口元になります。
将来的な歯の健康を考えてみても子どもにの歯科矯正を受けさせたい方は、早めに決断した方が良いでしょう。
美人は口元で決まると言われていますね。
歯並びが悪ければ、良い印象を受けないのが現実ではないでしょうか。
そんな時に利用される治療が歯科矯正です。
気になる費用については、どのくらいが相場なのでしょうか。
ケースバイケースで治療期間が異なるので、なかなか費用が定まらないのが実際のところです。
治療内容は患者さんの状態によりますから、治療を担当する歯医者さんに詳細を尋ねてみることも必要でしょう。
私はここしばらく、歯のホワイトニングを重点的に行ってきました。
白い歯は健康的な印象を与えると思っていたためです。
ですが、正直言って逆効果でした。
表面的には白くなりましたが、歯自体は逆に弱ってしまったのです。
ホワイトニングのことばかりで、歯茎のケアができていなかったのです。
ホワイトニングのことしか考えていなかったために、歯茎が次第に弱くなっていくことに気付かず、アイスや冷たい飲み物などを口にすると、強くしみて痛いほどです。
また、ホワイトニングばかりでなく歯列の矯正もしておくべきでした。
歯科矯正といえば歯の表に目立つ器具を付けるイメージがありますが、歯の表と裏、いずれにでも器具を取り付けることが可能です。
裏に付けるタイプの場合、見た目が不細工にならない利点がある一方で、多くの手間や時間がかかる上、舌など口の中を傷付けやすいのが難点です。
表側のほうは、一目見て矯正器具がわかってしまうのが欠点ですが、今時は透明や白のブラケットも出てきたので、なるべく周りに目立たないものを選択することも可能となっています。
歯を白くするホワイトニング、それに歯並びを綺麗にする歯科矯正などは、クリニックによって価格が大きく変わってくるという特徴があります。
患者さんそれぞれの状態に合わせ、適切な治療法を選択されるので、手段や回数に応じて治療費が変わるのは当たり前といえるでしょう。
治療を受ける歯科によっても変わりますから、ことによると思わぬ高さになることもあるでしょうから、細心の注意を払いましょう。
後から困らないように、治療前に必ず費用をチェックしておくことをお勧めします。
ブラケットという器具を使って歯の並びを整える歯列矯正。
開始してから、無事に矯正が終わって器具を取り外すまでには、人によって差が出ますが、最短の場合でも一年、長いと三年程度はかかると思っていいでしょう。
勿論これは個人差がありますから、これより早くできたり、逆にもっと時間が掛かる可能性も覚悟しなければなりません。
大人になって歯並びが気になるという人は、一日でも早く専門の歯科医に相談するべきです。
歯のヤニや黄ばみをなんとか落とせないかと思っていたのですが、ちょうど、消しゴム型のホワイトニング剤をお店で見つけました。
消しゴムの使用は1週間に一度くらいに留めるようにとドラッグストアの店員さんにも言われましたが、簡単に歯が白くなるとあって、二日に一度は使っていました。
一度表面を削って、歯の表面組織が再生する前にまた使ってしまうと、歯を削りすぎて弱めてしまうということが落とし穴であると後から知りました。
私は少し前に歯科矯正を受けたばかりで、歯に負担をかけていたことも、余計に歯を痛める原因になったのでしょう。
歯並びの矯正を受けている期間は、周りの人から口臭を指摘されるケースが多いようです。
主な要因は、器具と歯の隙間に食べ物が挟まって腐敗することです。
あくまで矯正が完了するまでの限定的なものなので、それほど気にしなくていいとも思えますが、身の周りの人へのエチケットの問題もあります。
皆さんも、歯科矯正を受けるなら、食事ごとの丁寧な歯磨きをしておけば安心です。
これまで歯科矯正はブラケットという器具を使うのが主流であり、この方法では外からワイヤーが丸見えなのが気になるといった悩みを抱える患者さんは非常に多かったのですが、今はマウスピースを用いた矯正が出てきたので、矯正していることを周囲に悟られない施術が可能となり、若い女性中心に喜ばれています。
しかも、歯磨きの際などには自由に取り外せますから、衛生面でも申し分なく、今後の技術革新によっては、ワイヤーという手段はほぼ駆逐されることが十分考えられます。
子どもの頃から歯並びが良くありませんでした。
ですから、歯科矯正をしたのですが、始めてすぐに体調が悪化したのです。
歯科矯正が原因だなんて、思ってもみないことでした。
病院の先生によるともともと、自分の歯の噛み合わせが特徴あるタイプだったそうで、歯列を矯正すると頭痛や肩こりに繋がってしまうそうなんです。
このようなことは初耳でしたし、歯科医からは説明を受けていませんでした。
顔の容姿は誰もが気にすることですが、特に骨格のゆがみなどは、歯並びが要因である可能性も疑ってみるといいでしょう。
上顎前突症(出っ歯)や下顎前突症(受け口)などの症例では、歯科矯正の治療を受けることで、歯並びに加えて顔の形も改善できるという成功例も多々報告されています。
食事の度にストレスを感じることもなくなり、奥歯を噛み締めて力を入れることも普通に行えるようになり、日々の動作が自然になることで笑顔も綺麗になるでしょう。
歯科矯正の技術が上がったとはいえ、まだ痛みはあり、一瞬だけの痛みと、ずっと続く痛みとがあります。
痛みがより強烈なのは、瞬間的な痛みのほうでしょうが、心情的にキツイのは継続的な痛みのほうですよね。
鈍痛は器具で歯を動かしている限り常に生じるものですし、他にあるのは、金属製のブラケットが口腔内の粘膜を傷付けてしまい、できた傷に飲み物が沁みたりして、常に何らの痛みはあるという状態です。
一年以上も続くこの痛みに堪えなければ矯正はできませんから、そういうことに弱い人には、矯正は控えたほうがいいというアドバイスになります。
大人になるにつれて歯並びがますます気になるようになり、歯科矯正を決意しました。
矯正の方法自体は子供の場合と変わりませんが、成長途上にある子供の場合と比べると、一朝一夕では矯正できず、長い時間をかけて治療を進めることが必要になるとの話です。
子供と違って大人は舌癖も付いているため、この点も時間をかけて直さなければなりません。
治療完了までには平均して2年くらいの時間は必要ですから、若い内に矯正しておきたいのなら、少しでも早く歯医者さんに行きましょう。
歯を手軽に綺麗にできるホワイトニング。
その方法には、歯科に通って受けるものの他、ホームホワイトニングと呼ばれる、自宅用の機材を使って行えるタイプもあります。
しかし、市販の薬液の中には効果が薄いものもあり、なかなか歯が白くならないままガッカリしてしまうこともあるといいます。
ところで、歯科で歯列の矯正を受けている最中の人は、歯のホワイトニングを行うことができないと思われがちですが、歯の状況などによっては、方法を工夫すれば矯正と並行してホワイトニングの施術も行うことができます。
歯並びを正しく整えるのに用いられる歯列矯正とは、器具を用いて歯を動かし、少しずつ正しい位置へと導いていくものです。
歯に無理がかからない程度の負荷を計算してやっているとはいえ、歯にかかる痛みや、それによる精神的ストレスを強く感じる人もいるのです。
普通は少しずつ楽になっていくものですが、いつまで経っても痛い場合は、放置せずに治療担当の歯科医師にそのことを告げてください。
女性が歯並びの矯正を行うと、以前よりも容姿で褒められることが多くなると言われます。
歯並びがバラバラであるよりは、歯並びがちゃんとしていれば、それだけで印象はよくなるわけですね。
このように、歯並びは思った以上に大事な要素なのですね。
しかも、矯正が美人を作ると言われるゆえんとしては、出っ歯や受け口などの解消により、歯並びのみならず顔の形も綺麗になったことも大きな要因ですね。
最近は技術が進んできた歯科矯正ですが、その原理を知っておくといいでしょう。
矯正器具で歯に力をかけて、歯の位置や角度を、じっくり時間をかけて変えていき、望ましい位置に定着させて歯並びの形を改善するのです。
行ってみれば盆栽の針金かけのようなものですね。
矯正装置にも色々な種類があり、歯に付けるブラケットの中にワイヤーを通した、マルチブラケットというものが一般的です。
さらに、矯正治療が終了した後は、保定装置(リテーナー)を装着して生活することが必要です。
ホワイトニングの仕方には色々ありますが、大きく分けると二種類です。
まず、クリニックで全ての処置を行うオフィスホワイトニング。
そして、歯科医院でホワイトニング用の薬液とマウスピースを処方され、自分の家で空いた時間を使って処置を進める、ホームホワイトニングとがあります。
これに加えて、両方のいいところを組み合わせたデュアルホワイトニングを行い、即効と長期持続を両立させるケースもあります。
審美歯科という、美容的な治療専門のクリニックでなら、歯列の矯正をしながらホワイトニングを行うことだってできるのです。
歯並びのために矯正治療を受けようと言っても、歯科矯正のやり方や期間は治療を受ける人によってかなりのバラつきがあります。
歯並びを良くするためにどれだけの本数が歪んでいるのかを確認し、こうした歯の中で何本を矯正するのかが、治療方針や必要期間を決める上で重要です。
歯科矯正の基本的な流れは、もともとある虫歯を治療し、その上で歯並びを確認しながら矯正の計画を立てます。
そして器具によって矯正を行い、それが完了した後は経過観察となるのが一般的です。
矯正計画を立てる段階で、おおよそのスケジュールが決まるという訳です。
矯正中は、歯に装着する矯正器具やマウスピースの影響で、食べ辛くなって結果的に体重が落ちてしまう方もいるようです。
ですが、矯正が無事に終わると太ってしまったという人もいるようです。
矯正している間は十分に食べられなかったことへの反動で、歯止めが効かず食べてしまうようです。
治療が完了し、ようやく整った歯列になれても、太ってしまっては勿体無いので、矯正中や矯正後の食事の管理にも注意を払いましょう。
最近は歯並びを気にする方が増えてきました。
進学や就職、結婚などの転機を契機として、気になる歯並びを直しておきたいと思う方は結構いるようです。
ですが、歯列の矯正は、どこでもできる訳ではないので、施術を受ける歯科の選択に全てがかかっています。
最も安心できるのは専門の歯科にかかることでしょう。
矯正歯科を掲げて運営されていますから、ネット上の口コミなども参考にして、良い医院を探すのが得策です。
自分は、外食時にも必ず食後の歯磨きをしなければ落ち着かず、常に歯磨きセットを携帯し、毎食後に5分くらい歯磨きをしています。
どうしてもそのくらい磨かなければ落ち着かないので、それもあって、外で食事するのが苦手になってしまいました。
しかし、つい最近、外食の際にはポータブルのマウスウォッシュに出会い、ちょっと気楽になりました。
歯の白さを保つホワイトニングは欠かせません。
自分だけでなく、周りのためにも歯の印象は大事だからです。
好印象の口元にするためには、ホワイトニングの他に、歯並びを直す歯列矯正を受けてみるのもいいでしょう。
よく、歯科矯正で口内炎ができるという話を聞きます。
器具を付けたばかりの頃は、それゆえに口内炎を発症してしまう場合が多いのは事実と言ってよいでしょう。
ワイヤーやブラケットが頬などの内側の粘膜を容赦なく削り、結果、口内炎になるわけです。
しかし、痛みを和らげる専用のワックスもわります。
歯磨きなどで口内をケアすることも口内炎を遠ざけるのに重要な役割を果たします。
悪い歯並びは早めに直さなければならないとか、幼い内の方が矯正しやすいから、などとそそのかされて、うかつに矯正を始めるのは、成長期の歯に負担をかけて危険な場合もあります。
歯医者さんが勧めてくることも多いので、いいことかと思いがちですが、小学生くらいの子供だと、必ずしも矯正が必要というわけではありません。
しかし、本当に必要かは場合によりけりですから、歯科医師が勧める理由についてちゃんと説明を受けることで不安を払拭するといいでしょう。
歯並びを矯正するにあたっては、マウスピースを使う方も居ると思います。
マウスピースの強みは、矯正器具を使う場合に比べて目立たないということですね。
マウスピースを装着しているかは人から見て分かりにくいですし、歯科医の計画によって決まった時だけ装着すれば良いものもあります。
こうしたものは、会社や学校では外しておいて、在宅時や寝る時だけの装着も可能ですので、こっそりと歯並びを矯正できますから、こっそりと矯正されたい方にはお勧めです。
娘2人に歯並びの矯正させることに決めました。
矯正治療は費用が高い印象ですが、実費としては上の娘が約80万、下の子は治療本数が少なく60万くらいでした。
普通、歯科矯正は70から100万くらいかかるのが相場なようですね。
ですが、過去に私自身が矯正を受けて、整った口元になると容姿も良く見えることを知っていましたから、治療の値段が高くても理解した上で治療をすすめました。
ホワイトニングの方法にも色々ありますが、近頃では電動歯ブラシで、歯磨きをしながらホワイトニングできるという機能が付いたものがあります。
歯のステインを除去するという謳い文句ですが、使い過ぎは歯を痛めるかもしれませんから、適度な使用にとどめるようにしましょう。
しかも、歯の隅々までが真っ白になるという程ではないので、これに頼りきりになるのはいただけません。
加えて、歯並びを歯科で矯正してもらっているときにも、隅々まで磨き残しがないように丁寧に歯磨きをしましょう。
一風変わった体験談としてたまに声を聴くのは、肩こりが歯科矯正で治ったという、一見すると冗談のような話なのです。
この理由は、歯と頭蓋骨は繋がっているので、歪んだ歯並びの影響は首からさらに肩へと及び、歯並びの悪い人は慢性的な肩こりに悩まされることがあるのです。
体を動かしているのに肩がこるという人で、そういえば歯並びが悪いんだという方は、矯正歯科の看板を掲げたクリニックに行ってみれば、すんなり解決するかもしれませんよ。
ホワイトニングを利用すれば、歯に染みついた黄ばみやヤニを落とすことが簡単にできます。
しかし、ホワイトニングの維持期間にも限界があります。
しばらくは白い歯を維持できますが、基本的にはただ歯の表面を白く染めただけであって、食事や喫煙などの習慣は変わりませんから、持続期間が過ぎれば、また少しずつ汚れていくわけです。
ところで、歯を美しくする施術には歯科矯正というのもありますが、これなら一度終われば、その後の再施術の必要性は考慮に入れなくてもいいでしょう。
歯を綺麗に保つために歯科矯正やホワイトニングを受ける人が増えています。
歯科に通院する回数については、それぞれのクリニックによっても、また患者さん一人一人の状態によっても差が激しいようです。
虫歯や歯周病といった疾患の有無によっても治療完了までの回数は変わってきますから、最初に行った時に聞いておくべきでしょう。
また、虫歯などの治療は一般歯科を利用し、美容目的の施術については審美歯科を利用するというのもお勧めです。
歯科医院でホワイトニングの施術を受けてから、自宅でのメンテナンスは何をしたらいいかという点には興味をお持ちの方が多いことでしょう。
歯科治療に関しては、ホワイトニングだけではなく、その他の治療、例えば歯科矯正などについても、繰り返し受診することが必要です。
一度のホワイトニングで歯が白くなったからといって、それでおしまいとするのではなく、歯医者さんに言われる通りの頻度で経過観察に通うようにしましょう。
歯のホワイトニングとクリーニング、どちらも最近よく聞く言葉ですが、ホワイトニングというのは、歯を綺麗にしたいという美容目的で受けるものです。
歯は、食事や喫煙など日々の生活により、日々黄ばんでくるものですが、ホワイトニングは、その黄ばんだ歯を真っ白に戻すという施術です。
対して、クリーニングは、歯垢などを落とす施術で、ホワイトニングよりも医療寄りの行為ということになります。
また、歯並びを直す歯科矯正というものもありますが、これは見た目の他にも上下の歯の噛み合わせがよくなるので、顎の形も改善できるという優れた点がありますから、こちらも合わせて検討するといいでしょう。
歯並びの治療と言えば歯科矯正ですよね。
でも、いくつかの気を付けなければいけないこともありますから、いま歯科矯正をお考えの方はぜひ目を通してみてくださいね。
歯科矯正は、歯並びを器具を使って無理に動かすわけですから、歯や歯茎、それを支えている骨にまでストレスがかかっているのは間違いありません。
きれいな歯並びになるまで絶対に中断しない、と思い込まないように臨機応変に対応していきましょう。
技術が進んでいるアメリカなどで歯科矯正を受ければ、治療費が安くなるのかといえば、そんなことはないというのが結論です。
例えばアメリカで歯科治療を受ける場合、概ね5
000ドルが相場とされ、保険も効かない場合が多いです。
歯列の矯正はとにかく時間がかかるものです。
矯正中は頻繁に歯科医院に通いつめ、口内に異常がないかチェックしたり、器具の位置を調整したりする必要があります。
この点、アメリカの歯科医院では日本ほど小まめなケアは望めないので、国内で不安なく治療を受けられるのが一番良いかと思われます。
歯のホワイトニングを利用するにあたり、タバコはまさに大敵といえるでしょう。
オフィスホワイトニングはともかく、ホームホワイトニングのように、薬液を少しずつ染み込ませてホワイトニングをしていく方法においては、日々のホワイトニングの効果が打ち消されてしまうこともあるのです。
ですので、歯を白くしたいのであれば喫煙習慣をやめて禁煙することはくれぐれも心掛けてください。
加えて言うと、歯並びを直す歯科矯正の途中でも、同じく禁煙しなければなりません。
いつもの日常の中でも自由になれる時間ってそう多くないですよね。
そうした日々の中で矯正治療を受けようと思っても通院回数が多いのではないかと気にされる方も多いでしょう。
矯正後、週一回の頻度で通院してくださいと言われたとしてもそう簡単ではないですよね。
矯正器具を歯に装着し、後の通院では器具の清潔さなどが大事だそうです。
日常的に口内のお手入れを欠かさない方であれば何度も歯医者に通わなくても済むかもしれません。
綺麗な白い歯を保つホワイトニング。
これは、自分の家でも手軽に行えるのが魅力の一つといえます。
まずは歯科医院でマウスピースという器具を作ってもらって、毎日1、2時間ほどこれを装着し、薬剤で歯を白くしていきます。
歯科にかからず、市販のマウスピースを使って行うホワイトニングも主流になりつつあります。
費用は高くても一万円程度なので、歯科に比べるとずっと安いですし、市販アイテムの種類や使いやすさも、一昔前とは比べ物になりません。
ホワイトニングで真っ白な歯をゲットすれば、あなたの笑顔はもっと素敵なものになりますね。
歯列矯正を行っている最中には、食べてはいけないものがあります。
ざっくり言えば、歯に負担をかける食べ物は控えた方がいいでしょう。
固くて噛み切れない肉、それに煎餅などは、歯に大きな力がかかってしまうので、手を出さないのが無難です。
餅やキャラメルなど粘性の食べ物も、歯にくっついてしまい、歯が動いて矯正に影響が出るため、矯正中はやめておくようにと先生に言われるでしょうね。
憧れの白い歯をゲットできるホワイトニング。
その利用の際には、どのクリニックで施術を受けるのがいいか、初めての方にはお悩みもあるかと思います。
一つ重要なアドバイスを差し上げます。
従来の歯医者さんでも最近はホワイトニングを扱う場合がありますが、歯を綺麗にする施術に特に長けている審美歯科なら更に安心です。
名前の通り、美しい歯を作るための専門医がいますので、審美の専門的見地からホワイトニングの処置を進めてくれます。
ホワイトニングの他に、歯科矯正やインプラントなどの施術にあたっても、審美歯科も含めて検討したほうがいいでしょう。
ホワイトニングも万全ではありません。
時には綺麗に白く染まらないことや、色の染まり方にムラが出る場合も有り得ます。
個人差でホワイトニングがかかりにくい場合など、要因もまた色々です。
でも、心配は不要です。
多少時間はかかりますが、何度も繰り返し施術していけば対応は可能なことが多いです。
その他の治療も同じですが、歯を綺麗にするのに必要な時間もあくまで人によりけりというわけですね。
現在一般的になってきたホワイトニング。
その種類には、歯科で処置を受けるオフィスホワイトニングという形式と、専用の薬剤を用いて自宅でホワイトニングを行う、ホームホワイトニングがあります。
しかし、効果をお急ぎの方には、断然、オフィスホワイトニングがオススメできます。
一人一人の体質によっても差はありますが、一回の施術だけで白さの実感には十分です。
色の他に歯並びも気になるという方の場合、ホワイトニングの処置を先に行い、その後で矯正をかけるという場合もあるのです。
歯科矯正を受けている最中に気を付けておくべきことは、まずは食事、それに運動でしょう。
構造上、矯正器具の隙間にどうしても食べ物が残ってしまい、いつもよりも丁寧な口内ケアが求められます。
さらに、意外と大敵なのがスポーツです。
運動時には、誰でも思わず歯を噛み締めてしまうものなので、それで器具が干渉して口の中が傷付いたり、異なる方向に歯が引っ張られて痛みが走ることもあるのです。
治療を担当する先生から注意事項を聞いておくといいですね。
ホワイトニングには、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングなど色々ありますが、いずれも天然の歯にしか効果がなく、人工歯には使えません。
差し歯など、義歯を使用している場合は、その部分にはホワイトニングの効果は現れません。
差し歯のところだけが黄色いまま残っていると、自然な見た目にはならない可能性があります。
とはいえ、同じタイミングで差し歯を取り換えるなど、口内全体のバランスを保つやり方は色々あるので安心してください。
また、ホワイトニングと同時に歯科矯正も受けたい方は、審美歯科という、歯の美しさの改善を専門にしている歯科をお勧めします。
大人になってからの歯列矯正には色々と制約もあります。
例えば、歯科医師の判断にもよりますが、抜歯が必要なこともあるようです。
歯並びが不揃いな場合、本来あるべき位置に直そうとしても、別の歯が突っかかってしまって上手くいかないことがありますから、そのために抜歯をするのです。
そのような歯並びの場合には、邪魔な歯を無視して強引に矯正を進めると、歯同士が押し合って、歯列の拡大を招いてしまい、顎が広がり、不恰好になってしまう可能性すらあります。
引用:歯のホワイトニング歯磨き粉 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です