最近は多くの歯科でホワイトニングを扱っていますから、どこのクリニックで受けるか、悩まれる人も多いと思います。

最近は多くの歯科でホワイトニングを扱っていますから、どこのクリニックで受けるか、悩まれる人も多いと思います。
その重要ポイントをお伝えしましょう。
近頃はホワイトニングを扱う一般歯科も多くなってきましたが、ホワイトニングや歯科矯正を特に専門にしている、「審美歯科」と呼ばれるクリニックも最近はよく見かけます。
ホワイトニングの扱いに長けていますから、着色の原因から分析して、綺麗な白い歯を作るために最適な治療法を実施してくれます。
インプラントや歯列の矯正といった処置を受ける際にも、その道の専門医を頼ることが最も安心といえます。
矯正器具を付けている間は、口臭が普段の何倍もひどくなってしまうということが挙げられます。
ワイヤーやブラケットの合間に食べ物が挟まってしまうのですね。
半年から二年ほどの矯正期間だけの口臭ですから、そこまでデリケートにならなくてもいいですが、それで周囲に悪印象を与えては損ですね。
なので、矯正期間中は、自宅でも出先でも小まめな歯磨きをしておけば安心です。
歯科矯正を子供の内から始めることが多いのは事実ですが、幼い内の方が矯正しやすいから、といった理由で考え無しに歯科矯正を始めてしまう場合があります。
しかし、これには危険もあります。
虫歯治療で訪れた歯医者さんに矯正を勧められる場合もありますが、こと子供に関して言えば、まだ矯正など必要ないという場合もあるのです。
とはいえ、本当に必要な場合もありますから、勧める理由についてちゃんと説明を受けることが大事です。
笑ったときに見える歯並びがきれいですと容姿の見栄えが良いですしまた雰囲気も違ったものになると思います。
ですから、もし子供の歯並びが気になったら、小さいうちから矯正治療を行い、歯並びを整えておくことを推奨します。
まだ歯が抜ける前から矯正すれば、おとなの歯になった段階で素敵な口元をつくれるという訳です。
整った歯列は歯磨きも楽ですから、自分の歯を長く大事にするためにも歯科矯正を考えている方は、早めに行動しましょう。
今まではワイヤーを用いた歯科矯正が普通で、この場合は外からワイヤーが丸見えなのが気になることを気にされる患者さんがほとんどでした。
しかし、今では、マウスピースを装着して矯正していくことができるので、誰にも知られず進められる治療法が実現可能になり、注目されています。
ワイヤーと違って取り外しも自由自在ですから、これまでのやり方と比べて衛生面でも優っており、この先、この方法が一気に歯科矯正の主流になる可能性が高いといえるでしょう。
私は食事の度に歯ブラシで歯を磨かなければ気が済まず、歯磨きの時間は毎回5分くらいと、かなり長いものです。
短い時間で歯磨きを終わらせられず、なかなか外食できなくなってしまいました。
しかし、つい最近、外食の際にはポータブルのマウスウォッシュに出会い、ちょっと気楽になりました。
歯の白さを保つホワイトニングは欠かせません。
周囲の人に口や臭いのことで悪い印象を与えるわけにはいきませんから。
また、口元をキレイにするには、可能なら歯列の矯正も並行して行うのがいいでしょう。
若い女性などを中心にホワイトニングの利用が進んでいますが、これは、自分の家でも手軽に行えるのが魅力の一つといえます。
自分の歯の形に合ったマウスピースを歯科で作ってもらい、専用ジェルを使って歯を白くしていきます。
2週間ほどで効果が実感できるとされています。
このほかに、市販のマウスピースと薬剤を使って行うホームホワイトニングも、その手軽さから人気になっています。
安い費用でできるという利点がありますし、市販アイテムの種類や使いやすさも、一昔前とは比べ物になりません。
加えて歯科矯正などの施術も組み合わせれば、自然な口元の美しさを実現できます。
ホワイトニングは100%上手くいくものではありません。
時には綺麗に白く染まらないことや、全体が同じ色調にならず、ムラが出る場合もあるのです。
口内の状況によってはホワイトニングの効果が出にくいなど、人によってさまざまな原因がありえます。
この場合、長い時間をかけてでも、歯科医の指導のもと、反復的に施術をしていけば効果は得られます。
歯並びを直す歯科矯正と同じように、歯が白く染まるかどうかは個人差が大きいということですね。
大人になって歯並びが悪くなってきたので矯正することにしたのですが、しばらくすると身体のあちこちが不調になってしまいました。
その時は全く矯正のせいだとは思っていなかったのですが、病院で調べてもらったのですが、私はかなり変わった噛み合わせをしていたらしく、矯正によって無理に歯並びを変えると肩こりや頭痛などの体調不良が引き起こされることがあるそうです。
このようなことは初耳でしたし、歯科医からは説明を受けていませんでした。
一度は白くなったのにまた黄ばんでしまった、などの失敗談もホワイトニングに関してはたまに聞かれます。
生活習慣や健康状態によりますが、白くなった歯がすぐまた汚れてしまうのは事実です。
最も高い効果を求めるなら、審美歯科でホワイトニングを受けるのが一番ですが、ホワイトニングの手法や、持続期間などを確認した上で施術を受けるべきです。
また、ホワイトニングと並行して歯列矯正も行いたいなら、両方の実績がある歯科を選びましょう。
歯科矯正には数十万円の費用がかかります。
これが海外の場合、治療費が安くなるのかといえば、実際は大差ないどころか、かえって高いくらいです。
医療の進んだ国といえばアメリカですが、かの国では保険が使えないケースもあり、5
000ドル以上の費用が実費で必要になります。
歯並びの矯正は、時間と根気が要る治療です。
その期間中は何度も定期的に病院に通い、口内に異常がないかチェックしたり、器具の位置を調整したりする必要があります。
そうなると、外国では制度や言葉の問題もありますから、結局、国内での治療が最も安心ということになります。
多くの方が利用されている歯科矯正。
それは、歯に器具で外圧を加え、ゆっくり時間をかけて、歯並びを治していくものです。
歯に負担がかからない範囲での負荷だとはいえ、日々器具を付けていることによる違和感や、歯に力がかかる痛みを問題視する方もいらっしゃいます。
毎日付けていれば次第に痛みは薄れますが、ずっと改善しないという場合は、放置せずに治療担当の歯科医師にそのことを告げてください。
歯を綺麗に保つために歯科矯正やホワイトニングを受ける人が増えています。
どのくらいの頻度で歯科に通えばいいかということは、歯医者さんの治療方針や、また患者さんの状況によっても大きく違ってきます。
歯周病や虫歯にかかっていれば、それによっても治療完了までの回数は変わってきますから、あらかじめチェックしておくといいでしょう。
虫歯や歯周病と言った疾病の治療は一般歯科で行い、歯を綺麗にするための施術は、それ専門の審美歯科を利用することもできますから、色々な角度から検討してみてください。
一口にホワイトニングと言っても色々あります。
毎回クリニックに通うものばかりではなく、ホームホワイトニングと言って、自家用の薬剤とマウスピースを使って行うものがあるのですが、市販の薬液の中には効果が薄いものもあり、なかなか歯が白くならないまま終わる可能性もあるということに注意してください。
ちなみに歯並びを矯正する治療を受けている間は、歯のホワイトニングを行うことができないと思われがちですが、歯科で方法を工夫することにより、この両方を同時に進めることも可能です。
歯を綺麗にするホワイトニングには、大きく分けて、歯科で全ての施術が完了するオフィスホワイトニングと、もう一つ、ホームホワイトニングといって、自宅でも行えるタイプがあります。
一度の施術で白さを実感したいなら、自宅ではなく歯科医院で行う方法を推奨します。
煙草や服薬などの生活習慣がない限り、おおむね一回の施術でかなりの白さを実現できます。
ちなみに、歯列の矯正を受ける方の中では、矯正を始める前にまずはホワイトニングを済ませてしまうという工夫がなされる場合もあります。
子供の矯正治療の話ですが、ふたりの娘たちに歯並びの矯正させることに決めました。
必要な費用は、上の子が85万円弱と、もう一人の子は治療本数の関係で、60万円いかない程度の値段でした。
世間では70万から100万ほどかかるのが一般的だと言われますし、私自身も矯正治療をしており、歯並びが変わると顔が整って見えると経験済みでしたから、治療の値段が高くても理解した上で治療をすすめました。
以前、歯科矯正で体調を崩したので、しょうがないので矯正を中断しています。
歯並びがひどくてコンプレックスでしたから、矯正で綺麗になることを期待していただけに、辛い決断でした。
矯正以外で歯並びを良くする方法が無いのかと尋ねてはみたのですが、効果が期待できるようなものは見つからなかったそうです。
自分の歯並びが矯正に不向きのものだとは殆どの人が思いもよらない事実ではないでしょうか。
最近では歯列矯正も便利になってきましたが、施術にあたり、前もって不要な歯を抜歯しなければならない場合もあります。
歯の並びがあまりに悪いケースでは、あるべき位置に動かそうとしても、スペースがなく無理だという可能性もあります。
そのような歯並びの場合には、抜歯という手段に頼らずに矯正を強行した場合、それによって歯並びの幅も拡大し、歯並びが良くなるかわりに顔の形が不細工になって本末転倒です。
せっかくホワイトニングで歯を白くしても、歯並びがよくなければ決して笑顔が好印象にはならないですよね。
そのため、歯科矯正を考える人も多いわけですが、その費用は一体どのくらいでしょう。
口内の状態や体質によって治療期間も変動してくるので、なかなか費用が定まらないというのが難しい部分です。
歯科矯正の施術内容は本当に幅広いですから、まずは歯医者さんで相談してみるのが確実だといえます。
ここのところ話題を耳にする機会も多くなったホワイトニングは、憧れの真っ白な歯に簡単になれるという点が多くの方にとって魅力的なようです。
しかし、効果は体質にもよるので、誰もがすぐに白くなるわけではありません。
思い通りに白さの調整ができないというのも、やや不便と言えるかもしれません。
見た目を美しく保つために、やはり歯は重要なポイントですから、一般歯科よりは、審美歯科などの専門医に相談して、希望を伝えて、施術内容をしっかり打合せするのが大切なことです。
色の他に歯並びも気になるという人は、同時に歯科矯正を受けることもできます。
矯正中には飲食の制限もあります。
歯を痛めそうな食べ物はやめておいた方がいいです。
固くて噛み切れない肉、それに煎餅などは、歯に大きな力がかかってしまうので、控えておくべきです。
加えて、餅なども歯にくっついてしまって、矯正中の歯が動いて良くないので、矯正中はやめておくようにと言われるケースが多いようです。
歯列の矯正に伴って生じる痛みには、瞬間的なものと、継続的なものがあるとされています。
痛みがより強烈なのは、瞬間的な痛みのほうでしょうが、毎日続く痛みのほうはじわじわと精神を侵食してきます。
歯を動かしていくたびに少しずつ生じる痛みや、使っている器具によっては、口の中の粘膜を傷付け、できた傷に飲み物が沁みたりして、常に何らの痛みはあるという状態です。
一年以上も続くこの痛みに堪えなければ矯正はできませんから、長く続く痛みや苦しみに耐えられない人には、歯科医院でも歯列矯正の利用はお勧めしていません。
前から歯の黄ばみが気になっていました。
そんなとき、ホワイトニング消しゴムが店で売っていたので、買ってみることにしました。
過剰に使いすぎるとよくないとドラッグストアの店員さんにも言われましたが、簡単に歯が白くなるとあって、二日に一度は使っていました。
一度表面を削って、歯の表面組織が再生する前にまた使ってしまうと、歯を傷付けるばかりか、内部組織が露出することで却って黄色く見えたりすることが落とし穴であると後から知りました。
また、ちょうど歯科矯正が終わったばかりという時期だったので、それも歯にダメージを与える一因になったのかもしれません。
ずっと苦しんでいたことから解放された、と報告されることが多いのは、歯列矯正に伴って、なぜか肩こりまで治ってしまったという話です。
歯を支えるアゴの骨は、頭蓋骨と繋がっています。
歯列の僅かな歪みが首から肩へと伝わり、遂には日常的な肩こりにまで繋がるということです。
肩こりの理由が他に思い当たらず、そういえば歯並びが悪いんだという方は、矯正を専門としている歯科医院を訪ねてみれば、すんなり解決するかもしれませんよ。
歯を綺麗にする施術としては、ホワイトニングやクリーニングが知られていますが、ホワイトニングというのは、歯を綺麗にしたいという美容目的で受けるものです。
歯は毎日使うものですので、少しずつ黄色くなっていくのは仕方のないことですが、それを白い色に戻してくれるのがホワイトニングなのです。
一方、クリーニングというのは、歯の汚れを落とすものですから、れっきとした医療目的の行為です。
また、歯並びを直す歯科矯正というものもありますが、これは見た目の他にも上下の歯の噛み合わせがよくなるので、顎の形も改善できるという利点があります。
歯並びが気になる方は利用を検討してもいいでしょう。
歯並びのために矯正治療を受けようと言っても、歯科矯正のやり方や期間はそもそもの歯並び次第でかなり異なるそうです。
どれだけの歯が歯並びの悪さの要因なのか、何本を矯正するのかというようなことがカギだと言えます。
ほとんどの歯科矯正では、まず元々の歯に虫歯があるようであればそれを治療し、歯並びを見ながら矯正計画を立てます。
そして計画通りに矯正器具を歯に装着、定期的に通院しながら経過観察を行います。
矯正計画を立てる段階で、おおよそのスケジュールが決まるという訳です。
歯並びの矯正と聞いて誰もが思い浮かべるのが、歯に器具を付けた姿でしょうが、今日では、表面・裏面のどちらにでもワイヤーを取り付けることができます。
ワイヤーを裏側に付けるタイプの場合、周りに見えないのが最大の利点ですが、歯科医の高度な技術が必要な上、治療期間も長くなるなどのデメリットも存在します。
他方、表側に器具を装着するタイプは、見た目に不恰好だという悩みはありますが、最近は白や透明のブラケットも選べるので、目立たないタイプで施術を進めてもらうケースが多くなっているようです。
多くの女性が気にするのが歯並び。
歯列の矯正を行うと、以前よりも容姿で褒められることが多くなると言われます。
歯並びがバラバラであるよりは、歯並びが綺麗なら、顔全体の印象もよくなるということでしょう。
たかが歯並びと侮るなかれ、それほど重要な要素なのですね。
しかも、歯科矯正による「美人効果」で言うと、噛み合わせが改善されたことにより、顎の形が変わり、顔の輪郭が綺麗になったということも要因と思われます。
ずっと歯並びが気になっていたのですが、矯正を始めたのは成人してからでした。
矯正の方法自体は子供の場合と変わりませんが、大人は既に骨が固まってしまっているので、歯を動かすのにも時間をかける以外にないのです。
舌の位置も、今ある歯の形に慣れているわけですから、矯正と並行してこちらも治していくことになります。
なんにしても治療には非常に長い時間が必要になるので、今から矯正するなら、審美歯科になるべく早く相談することを推奨します。
歯並びの治療と言えば歯科矯正ですよね。
でも、いくつかの注意点もありますので、ぜひご一読ください。
歯科矯正は、長年定着している歯並びを無理やり動かそうとしているわけですので、当然、歯や歯茎に強い負荷をかけていることになります。
きれいな歯並びになるまでやり遂げるなど、決めつけて無理に続けることにならないように注意してください。
どのような治療であっても、無理は厳禁です。
ホワイトニングの施術を進めていく上で、タバコはまさに大敵といえるでしょう。
とりわけ、ホームホワイトニング(自宅で行うホワイトニング)のように、一度の施術ではなく何度も繰り返してホワイトニングをしていく場合は、処置を進めてもすぐに煙草で台無しになるということがあります。
このため、ホワイトニングを成功させたいなら極力、煙草を吸わないことが必須条件くらいに思っておきましょう。
加えて言うと、歯並びを直す歯科矯正の途中でも、禁煙するのが無難といえます。
歯科矯正のブラケット(器具)を装着してから、器具を外すまでにどれくらいかかるかは、人によって差が出ますが、短くても1年、長いと3年ほどの時間が必ずかかるものです。
生活習慣や体質によっても異なるので、平均よりも早く終わったり、あるいはもっと長くかかる場合もあります。
大人の歯列矯正は、手間や時間が子供に比べて段違いなので、一日でも早く専門の歯科医に相談するべきです。
歯並びの矯正中は強制的に歯を動かしているため、痛みや違和感から食べ物が食べづらく、痩せたという話もあります。
ですが、矯正が無事に終わると元に戻るどころか体重が増加した、なんてこともあるようです。
歯列矯正中にあまり食べることが出来ないため、終了後はその解放感で大食いになってしまうようですね。
長期間の矯正治療の結果、整った歯並びになったとしても、スタイルが悪くなっては見た目としてはあまり良くありませんね。
綺麗な歯を実現する歯科矯正やホワイトニングといった治療は、治療を受ける歯科によって金額が全く違うことも珍しくありません。
歯の状態や、着色の原因によっても治療の手順が変わりますから、それによって治療費の額も変わってくるというわけです。
治療を受ける歯科によっても変わりますから、気にせずに治療を受け始めたら、非常に高い金額になってしまう場合もありますから、十分気を付ける必要があります。
できれば、通院の前に必ず費用をチェックしておくことをお勧めします。
歯のケアにあたり、私はホワイトニングしか行ってきませんでした。
歯が白ければ健康だというイメージがあったためです。
ですが、どんなに見た目だけ白くなっても、そのたびに歯の表面はすり減り、弱い歯になっていったのです。
私の注意は歯茎には向いていなかったのです。
歯の美白ばかりを意識していたので、歯の土台である歯茎の部分が弱ってしまい、ジュースなどの冷たいものを口にした瞬間、沁みるようになって痛みを覚えます。
また、歯並びの矯正もしておけばよかったと今は思います。
歯科医院でホワイトニングの施術を受けてから、どのようにメンテナンスをしていけばいいかということには多くの方が興味を抱かれるのではないでしょうか。
この点はホワイトニングのみならず、歯並びを直す歯列矯正においても、歯科に通って経過観察してもらうことが大切です。
オフィスホワイトニングは一度で効果が得られますが、それきりで終わりと思わず、その都度、次の予約を入れて、定期的に診察してもらいましょう。
気になる歯科矯正の仕方を知っておくといいでしょう。
ブラケットと呼ばれる器具で歯に力を加え、変な位置に生えている歯を正しい噛み合わせや歯並びに調整するという技術です。
年配の方には、盆栽の針金かけと言えば通じるかもしれません。
具体的にどんな器具を用いるかといえば、歯に付けるブラケットの中にワイヤーを通した、マルチブラケットというものが一般的です。
さらに、矯正治療が終了した後は、保定装置(リテーナー)を装着して生活することが必要です。
歯並びを整えるための歯科矯正は歪んだ歯に直に器具を装着しますので、しっかり歯磨きをしていても、器具の隙間や溝に食べものの欠片が溜まってしまいがちです。
磨ききれなかった汚れによって、息がくさくなったり虫歯になってしまうかもしれませんので、食べた後は必ず歯磨きするようにしましょう。
コツは手間を惜しまず一本一本の歯を丁寧に磨くと良いです。
強い力で磨いても綺麗になりませんし、ブラシの毛先が曲がってしまって良くないです。
喫煙習慣によって歯にヤニや黄ばみが付着しているという方には、まずはホワイトニングをお勧めします。
僅かな期間で歯を白くするためには、最も合った方法です。
喫煙の他、薬の服用などによっても歯の色が変色することがありますが、歯を傷めることなく白く染められるのがメリットです。
歯並びだけを気にして、歯科矯正を受けたとしても、肝心の歯が黄ばんだままでは笑ったときの印象は完全にはよくならないのですよね。
歯医者さんや自宅でホワイトニングを行えば、気になる歯の黄ばみを解消することが可能です。
しかし、ホワイトニングの維持期間にも限界があります。
しばらくは白い歯を維持できますが、ホワイトニングはあくまで表面を白くするだけで、歯そのものの性質が変わったわけではないので、持続期間が過ぎれば、また少しずつ汚れていくわけです。
ちなみに、歯列を矯正する歯科矯正でしたら、施術後に少しずつ歯並びが戻っていくなどということはほぼ無いと言っていいでしょう。
毎日を忙しく過ごされている方にとっては、歯科矯正の際、通院頻度が気になってしまうのではないでしょうか。
矯正後、週一回の頻度で通院してくださいと言われたとしてもそんな余裕が無いという話も良く聞きます。
殆どの歯科矯正では、矯正器具の装着までが大切で、装着後の治療では、器具のチェックや清潔さなどが大事だそうです。
日常的に口内のお手入れを欠かさない方であれば通院頻度を減らすことが出来ると思いますから、担当の歯科医に尋ねてみることをお勧めします。
口内炎が辛いとよく言われるのが歯科矯正です。
中でも、まだ口が矯正器具に慣れていない間は、多くの方が口内炎を経験するということは現実にあります。
器具の金属部分が口内の粘膜を傷付け、口内炎になります。
歯科矯正に付き物の痛みと言われています。
専用の薬やワックスも歯科で扱っているので、聞いてみましょう。
日頃から歯磨きなどで口内ケアを心がけることも、口内炎を防ぐ上で大事なことです。
手軽に真っ白な歯を実現できるホワイトニング。
その方法には、まず、クリニックで全ての処置を行うオフィスホワイトニング。
そして、自分専用のマウスピースと薬剤を歯科で処方してもらって、自宅でホワイトニングの施術を進めていく、ホームホワイトニングという方法があります。
より確実な美容効果を狙う場合には、歯科と自宅の両方で処置を進める中間的な手法(デュアルホワイトニング)により、デメリットを補い合うことも可能です。
状況や手法によっては、ホワイトニングの施術中に並行して歯列の矯正を行うということだってできるのです。
ケースバイケースとはいえ、歯の位置を強制的に変える歯列矯正では瞬間的な痛みや持続的な痛みは避けられないものと思われています。
ところが、歯列矯正に用いられる器具や手法も昔とは比べ物にならないほど向上してきたため、「痛くない歯科矯正」を売り文句にしている矯正歯科がいくつもあります。
矯正をしたいけど痛みがネックだ、と思っていた人も、これからは安心して矯正を受けられると言えるでしょう。
ホームホワイトニングの器具として、最近は電動歯ブラシに、歯磨きと同時にホワイトニングができる仕組みが搭載されていたりします。
日々の着色汚れを落とせるというものですが、使い過ぎは歯を痛めるかもしれませんから、禁物といえます。
それに、歯が全体的に綺麗になるわけではないですから、ホワイトニングをこれだけで済ませようとするのはいただけません。
また、ホワイトニングと併せて歯列矯正を受けるというときにも、歯磨きの際の磨き残しには注意することをお勧めします。
顔の形がゆがんで気になるという方は、歯並びが要因である場合があるようです。
出っ歯、受け口などの不正咬合のケースでは、矯正によって歯並びが治り、それに加えて顔の形も小顔になるという成功例も多々報告されています。
食事の度にストレスを感じることもなくなり、スポーツや力仕事の際に歯を食いしばる動作が当たり前にできるようになりますから、日々の動作が自然になることで笑顔も綺麗になるでしょう。
歯並びを気にしている方は多いでしょう。
就職や結婚などが切っ掛けになって、気になる歯並びを直しておきたいと思う方は結構いるようです。
ですが、歯列の矯正は、どこでもできる訳ではないので、どんな歯科を選ぶかが大事になってきます。
歯科矯正を特に専門にしているところは、それを示す「矯正歯科」という名前のことが多いですから、そういう歯科を優先的に当たってみることをお勧めします。
歯科矯正には、器具を装着する以外にもマウスピースを使用する場合もあります。
マウスピースの特徴は、あまり目立たないというところが大きなメリットだと言えます。
透明のマウスピースであればパッと見ても分かりにくいでしょうし、矯正治療のやり方では一日中装着しなくても良い場合もあります。
こうしたものは、会社や学校では外しておいて、在宅時や寝る時だけの装着も可能ですので、家族以外には秘密にしたまま歯科矯正を行うことが出来るという訳ですね。
綺麗な白い歯をゲットできるホワイトニングですが、あくまで人体に作用するものなので、作り物の歯には効きません。
つまり、差し歯やインプラントの人工歯の場合、そこだけ白くならないということになります。
他の歯が綺麗に白くなった中、義歯だけが別の色のままだったら、逆に不自然な見た目になってしまいますね。
勿論、差し歯も綺麗なものに換えるなど、対処の方法はありますのでご安心ください。
色のほかに歯並びも気になるので、歯科矯正も受けたいという方は、審美歯科で専門の歯科医に相談してみるといいでしょう。
歯並びの矯正において悩みの種になるのが、第一に食事、次に運動があります。
ブラケットの隙間に食べカスが残りやすいので、普段と比べてケアに気を遣うこと無くしては歯を清潔に保てません。
体育や部活、趣味のスポーツなども難点です。
人の体の構造上、無意識に歯を食いしばるものですから、ワイヤーやブラケットが干渉して、口の粘膜を傷付けることや、動かしている最中の歯に力がかかりすぎて痛むこともあります。
他にも細々とした注意点があるので、矯正を始める前に確認しておきましょう。
PRサイト:ホワイトニング 歯 市販 歯磨き粉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です